ホーム » 製品 » 粉体塗装ライン » 半自動静電塗装ライン

半自動静電塗装ライン

半自動静電塗装ラインは前処理、ワークピース搭載、二重位手動コーティング、高温硬化、ワークピース冷却、ワークアンロードなどの加工過程が含まれています。このワークピースはスプレーチェンに移動され、作業者2人はワークピースを持ってスプレーします。その後このワークピースは恒温固化トンネルを通じて、そこで固化します。

同じ種類のワークを大量塗装する場合、この塗料生産ラインの生産能力は高いです。それに、人工コストとエネルギー消費は削減できます。また、メンテナンスコストが低くなります。

弊社の半自動静電塗装ラインは不規則なワークピースの小ロット塗装にお勧めません。エネルギー消費が高いからです。スプレースピードは速くて、塗装時間が長いため、労働者の労働強度は強いです。

この静電粉末塗装システムは静電塗装設備、粉末固化設備、架空コンベヤ、電気制御システムなどから構成されています。

設計基礎
1. 最大取り付けサイズ: L×W×H mm, pcs/hang
2. 塗装方式: 手動
3. 工場パラメータ: お客様が提供する 
4. 熱源: 電気加熱、天然ガス、ディーゼル、赤外線
5. チェンモデル: ワークピースの重さによって、ポイントの最大荷重 
6. 生産能力: Xpcs/月/26日/208時間
7. 電源供給: 60HZ, 三相四線380V,カスタマイズできる
8. 空気源: 三級圧縮濾過した空気

お問合せ